バナー

合宿免許におけるパッケージ化のメリット

自宅からドライビングスクールに通学する場合にくらべると、合宿免許のプログラムにはさまざまなメリットがありますが、そのなかでも、免許取得に必要なすべてがパッケージ化されていてわかりやすいということは、特徴的なもののひとつに挙げられるでしょう。合宿免許では、パンフレットやホームページなどに書かれているとおり、卒業までの学科教習や技能教習に必要となるメニューや代金は、テキストなどを含めて、すべて含まれていると考えてよく、追加負担というのは、通常は必要がないものです。



技能教習については、実際に教習車のハンドルを握って運転するものですので、運動神経のあまりよくない人は、既定の時間数では卒業できないといったこともあり得ますが、同じ合宿免許のなかでも、卒業までの保証付きと銘打ったプランであれば、延長料金を請求されることなく、そうした事態もあらかじめ織り込み済みですので、不安にならずに卒業まで頑張ることができます。



また、合宿免許という以上は、ホテルや旅館、寄宿舎といった施設に宿泊をして、卒業までをそこで過ごすことになるわけですが、その間の宿泊費や食事代も、すべてパッケージとして含まれていますので、こちらも心配の必要がありません。

ただし、合宿免許のトータルでの費用を安くしようとする人のために、食事の一部を自炊対応として、あえてドライビングスクール側では提供しないことにしているプランもありますので、代金が気になる人は、逆にそうしたプランも狙い目であるといえます。